「個人出版ハンドブック」プレゼント

初めて本を出版する。

その前に読んでおくべき

オリジナル小冊子

無料プレゼント!

初めて本を出す人のための

「個人出版ハンドブック」

 ~企画から執筆・出版までベストな選択をするためにやるべきこと~

数量限定、無料プレゼントいたします!

初めて本を出す人のための「個人出版ハンドブック」~企画から執筆・出版までベストな選択をするためにやるべきこと~

(※PDFファイルではありません。紙の小冊子をご郵送します)

無料で今すぐ申し込む

どんなジャンルも対応!自分史、社史、記念誌、歌集、句集、画集、写真集、エッセイ、追悼集、小説、日記、報告書、趣味の本、研究発表、その他…

ハンドブックの主な内容・・・・・・

 「商業出版」と「個人出版(自費出版)」の違いって?

 出したい本が決まったら、まず最初にすべきこととは?

 自分史に書いてはいけないNGワードとは?

 著名人の自分史には秘密があるってホント?

 自分に一番ピッタリな出版方法の選び方とは? 

はじめまして。

有限会社ベル・プランニング代表で、「寄り添うブックライター」の高井 透と申します。

わたしは、会社代表、ライター、そして個人出版コンサルタントであると同時に、自分史活用アドバイザー(自分史活用推進協議会認定)としても活動しており、これまで多くの方の自分史出版に関わってきました。

 

「本を出版してみたい。でも、どこに相談すればいいのだろう……」

そのような声を何度耳にしたことでしょう。

「書きたいことはある。個人出版(自費出版)という方法があることも知っている。でも分からないことだらけで、どうしたものか」

どうぞご心配なく。そんなお悩みを持たれている方は、あなただけではありません。

出版の世界というのは分かりにくいところが多く、どうすれば自分が書いた原稿が本になるのかという肝心なところが意外とはっきりしない世界なのです。

 

そのお悩みを解決するために、このハンドブックはあります。

あなたは、このハンドブックを読むことで、

・個人出版(自費出版)と商業出版の違い

・どんなジャンルの本が自費出版できるのか

・実際に出版されるまでに、何をすればよいのか

・文章力に自信がなくても出版できるのか

・出版業者を選ぶポイントは何か

・経費はどのくらいかかるのか

そんな誰も教えてくれない疑問を解決することができます。

「本にしたいテーマがある。出版したい!」その思いさえあれば、今から2か月後には世界で一冊の「あなたの本」が手元に届けられるでしょう。

著者はあなたです。

あなたの本を読んでいただくことで、これまでの思いや足跡を多くの方に知っていただけるのです。

 

本は誰でも出版できる時代です。しかし、誰もが簡単にできることではありません。

わたしはあなたが著者の仲間入りすることを心から応援します。そしてぜひ、あなた自身がご自分の本を手に取って、その喜びと充足感を味わってください。

在庫なくなり次第終了。

お早めにどうぞ!

個人出版ハンドブック

初めて本を出す人のための「個人出版ハンドブック」 

~企画から執筆・出版までベストな選択をするためにやるべきこと~

(※PDFファイルではありません。紙の小冊子をご郵送します)

無料で今すぐ申し込む

タイトルとURLをコピーしました