出版企画

どのような内容の本を、どのような形態で出版されたいのか、詳しくお聞きした上で一緒に出版の企画から考えていきます。

特に商業出版する場合、「企画書」がとても大切です。

商業出版の場合は、出版社に ”売れる本” として取り上げてもらわなければなりません。

著名人やある分野で特別な実績を上げている人でない限り、個人が出版社に企画を持ち込んでも、その企画がそのまま採用されることはほぼ不可能です。

ですから、あなた様の企画が出版社に取り上げてもらえるように、弊社が一緒に考えたいと思います。

「企画書」自体の作成も行っております。

ぜひご相談ください。


出版の形態は大きく、商業出版と個人出版(自費出版)の二つに分けられます。

個人出版(自費出版)は、出版に係る費用を全て著者様が自己負担することになるため、基本的に好きな内容を自由に書いて出版することができます。

ただし、出版社・取次会社・書店等の流通を通さないため、販売は自分の手で販売することになります。

以前ですと自費出版の場合、買取りやその他経費で数百万円という費用が発生していましたが、最近では電子書籍やオンデマンド出版(POD出版)というシステムが登場し、そこまで費用をかけずに出版することが可能となっています。

オンデマンド出版とは、amazonなどのショップサイトで注文を受けると、その1冊だけを印刷・製本し、販売する新しいシステムです。完全受注生産のため、低コストで在庫を抱える心配がありません。

いわゆる書店に並ぶ商業出版とは違いますが、紙の本をamazon等のネット書店で販売することができる上、自由に執筆できるため「まず紙の本を書いて出版してみたい」という方にはおすすめです。

ただし、オンデマンド出版には一定の手続きが必要となるため(※ISBN 国際標準図書番号取得など)、面倒があるのも事実ですので、弊社がそれら全ての手続きを代行させていただきます。

原稿のみいただければ、①諸手続き、②表紙作成、③amazon登録、販売開始までの一切をさせていただきます。

特に、商業出版が難しい「自分史」にも適した出版形態ですので、「自分史」の出版をお考えの方はぜひご相談ください。


 

タイトルとURLをコピーしました