コンサルタント、セミナー講師のみなさん、出版は必須です!

コンサルタントの方、セミナー講師をされている方にとって、出版は必須といって過言ではありません。

そうお話しすると、
「出版ならもうしているよ」と答えられる方も多いのですが、よくお聞きすると電子書籍などの自費出版だったりします。

もちろんそれも出版には違いないのですが、自分だけの思いで自由にできる自費出版では、やはり物足りません。

ここは、ぜひ商業出版を目指すべきです。

実際、多くのコンサルタントの方が商業出版していることは、街の書店やamazon等を見ても明らかです。

コンサルタントとは、その分野の専門家です。どのくらいの専門家なのかということは、これまでの実績、クライアントの件数等で判断されるわけですが、それ以外にもメディア出演や著書の数でその人の実力を計ることも少なくありません。

メディア出演に較べれば、本の出版は比較的容易です。

容易ですが、問題は内容です。特に商業出版ですと、まず企画書を書いて、出版社にその企画が通る必要があります。これが、商業出版の大きな壁になっています。

書いた企画書で、出版社に「この人の本は売れる」と思わせなければいけません。

商業出版は誰でも簡単にできることではないということ。だからこそ、商業出版にチャレンジする意味があるわけです。

 

 

それまで、セミナーを受講する側にいた人が、本を出版した途端、講師の側へまわる……
そんな話はよくあることです。

セミナーの講師として紹介されるときにも「〇〇〇〇という本の著者でもある××先生です」と紹介されるのですから、あなたの話を聞く受講生からの信頼度も違ってきます。

本の出版で、各方面から取材を受けることもあるでしょう。

商業出版は、企画書がすべてです。

どのような企画書なら出版社に取り上げてもらえるか。

個人でいきなり大手の出版社に企画書を持ち込むと、場合によっては自費出版を勧められ、後で多額の費用を請求されるケースもありますので、注意が必要です。

漠然と「こんな本を出したいのだけど、どう思う?」というご相談でも結構です。ぜひご連絡ください。

あなた様の特長を活かしつつ、業界に一石を投じるような、そんな企画を一緒に考えていけることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました